留学経験が生きてくる場面とは

語学の勉強を生かせるようにしたいと思って留学をする人は少なくないでしょう。

しかし、そこで得られるものは語学力や知識だけではないのです。日本に帰ってきた後でも生かせるような経験を手に入れることができます。それについて、注目しておくべきポイントが大きく分けて3点ほどあります。まず、人に自分の意見を伝える場面です。

これは、立場の違う人に、自分が何を考えているのかということを伝えることができるようになります。就職すると、こういう場面が増えてくるので、いかに伝わりやすい表現を考えるかということを大切にしていきましょう。次に、相手が何を考えているかを読み取る力が増します。

これは、表情や身振り手振り、声色など、言葉以外の情報もコミュニケーションをとる上で重要になってくるからです。最後に、自信を得ることができます。これは、留学の際に、普段と異なった環境に身を置いて生活して無事に帰ってこられたことが自信につながるからです。一つでもこうした自信があると、自分がまだ経験したことがない世界へ行ったとしても、投げ出さずに最後までやり遂げることができるようになります。これらの点に気を付けた上で、留学の経験を生かすことができるように勉強に励んでいきましょう。もし、わからないような点がある場合には、留学を経験したことがある先輩などに話を聞いて、疑問点を解消しておくようにしましょう。そうすることで、トラブル防止に役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *