留学チャンスがあるなら確実に掴むべき

日本の中学、高校、大学と英語の授業は必ずあります。進学すれば、それだけ英語の授業内容は難しくなってしまいます。

難しくなりますが、それは英語を話すための授業、英語を使いこなす授業ではありません。英語の”性質”を理解することが授業内容となっています。現に、英語の単語や文法、読解などがメインとなっています。その授業で英語を話せるようになる人はほぼ0に等しいと言えます。

日本の授業では、英語を話せると意味での使いこなすことはできません。英語を話せるようになる方法として、留学することがあげられます。留学は、海外の学校に授業を受けに行く(交換留学制度の利用)、ホームステイさせてもらうなどがあります。

その措置として、ほとんどの学校が制度として設けています。例えば、夏休み期間だけであったり、交換留学して海外の授業を受けられたりすることができます。英語が使われている環境に飛び込むことができ、本当の英語を身につけられることがメリットになります。実際にそういう環境に飛び込んでしまえば、英語を使わざるを得ないので、無理矢理にはなりますが、英会話力を身につけることができます。日本の英語授業では身につかないので、将来英語を話したい、海外で仕事をしたいと考える場合は、こういったチャンスは確実に掴まなければなりません。このチャンスは、大学で最後になってしまいます。その後はなかなか難しいので、なるべく早目に留学することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *